COMPANY

ごあいさつ

社長からのメッセージ

タビオ株式会社は1968年、「業界の良心たれ」を目指して創業いたしました。
創業から40年余りの歳月の中で、品質より価格が優先される時代や、履き心地よりも見た目が優先される時代が幾度となく訪れましたが、私たちは「お客様の足にやさしい靴下」をひたすら誠実に追求してまいりました。
現在では「靴下屋」「ショセット」「タビオオム」等の靴下専門店ブランドを日本全国に約280店舗展開し、「 Tabio 」という店舗をロンドンに7店舗、パリに1店舗展開しております。

私たちは「熱愛」「顧客中心」「不易流行」「和」という経営理念の下、ものづくりやお店づくり、人づくりに決して妥協はせず、協力工場の皆様やフランチャイズの皆様と強いパートナーシップを築き上げ、お客様にとって最高の商品づくりとお店づくりを目指しています。

高品質でファッション性にあふれた靴下を、適正な価格でお客様に提供するために、国内工場を中心にグループ全体で情報の共有を進め、過剰生産を最小限に抑え、お客様のニーズに敏感に対応できる生産体制・流通体制の構築に突き進んでまいりました。一方商品管理におきましても自社独自の高い品質基準を設け、研究開発室にて検査及び品質管理・品質向上を目指しています。
また、お客様に楽しく靴下を選んでいただくため、お客様に喜んでいただける接客の研究と、お店のスタッフが楽しく働ける環境づくりにも積極的に取り組んでまいります。

近年、日本の靴下産業は「品質よりも価格」という価値観による海外商品の輸入攻勢により、壊滅的な打撃を受けています。私たちはこれらの社会状況に決して屈することなく、今後とも全力で「お客様の足にやさしい靴下」を追求し、お客様に満足を提供し続けます。

タビオ株式会社 代表取締役社長
越智勝寛

1994(平成6年)10月・・・株式会社ハウスオブローゼ入社
1997(同9年)3月・・・株式会社ダン(現タビオ株式会社)入社
2003(同15年)3月・・・商品本部長就任
2004(同16年)5月・・・取締役就任
2007(同19年)3月・・・取締役第一営業本部長就任
2008(同20年)4月・・・タビオ奈良株式会社 取締役就任(現)
2008(同20年)5月・・・代表取締役社長就任(現)

企業情報一覧へ戻る