NEWS

詩人・最果タヒさんが考える、言葉で想いを綴るとは。 贈りものにまつわるオリジナルWEBコンテンツ「ami-ami」がスタート

「靴下屋」「Tabio」「TabioMEN」などの靴下専門店を運営・展開するタビオ株式会社(大阪市浪速区、代表取締役社長:越智勝寛)は2021年1月15日より、「贈りもの」をテーマにしたWEBコンテンツ「ami-ami」をスタートいたします。

なかなか大切な人と気軽に会えない今、創業以来、一貫して靴下を編み続けてきたタビオ株式会社が、想いを伝える手法のひとつでもある「贈りもの」に着目。さまざまな分野のスペシャリストが「贈りもの」について語るインタビューなど、心温まるユニークなコンテンツをお届けいたします。

記念すべき第1回目のテーマは、『贈りものに「添える」』。封筒・紙製品・印刷物の製造販売で創立100年を越える株式会社羽車さんに、贈る相手に合わせたオススメの便せんなど、贈りものには欠かせない便せん選びのポイントを伺いました。

また、詩というスタイルで魅力的な言葉を編み続ける詩人・最果タヒさんに、言葉の面白さやパワー、気持ちの伝え方など、言葉を贈る大切さについてお話いただきました。

その他にも思わず贈りものをしたくなる、スペシャルなコンテンツを定期的に配信していきます。

 ■「ami-ami」概要

お客様の誰かを想う気持ちを編むお手伝いをしたい。「ami-ami」はそんな想いで始まったオリジナルのWEBコンテンツです。

職人、デザイナー、販売スタッフ、様々な人の想いを編み、お客様の足にやさしい靴下を作り続けてきたタビオが、心温まる、ユニークな「贈りもの」にまつわるコンテンツをお届けいたします。

 

■第1回配信スケジュール

公開日:1月15日(金) 株式会社羽車さんインタビュー

贈りものに「添える」vol.1【綴る手紙を選ぶ】

(photographed by 朝岡英輔 Eisuke Asaoka)

 

公開日:1月22日(金) 最果タヒさんインタビュー

贈りものに「添える」vol.2【言葉で想いを綴る】

 

「ami-ami」サイト URL:https://tabio.com/jp/ami-ami/

PDFダウンロード


ニュース一覧へ戻る