パンプスやブーツにおすすめ!
消臭機能付き靴下と、臭わせないコツ。

1日中靴を履いているとどうしても気になるのが、脱いだ後の足の臭いです。女性も男性も、心当たりのある人は多いはずです。特に女性はパンプスなどを履いていると中で汗が蒸発しにくくなり、脱いだら激臭を放つなんてことも少なくありませんよね。また、季節を問わず毎日のようにストッキングを履くため、蒸れも悩みどころ。男女問わず、悩みを抱えやすいエチケットのテーマが「足の臭い」といえるでしょう。

足のニオイを気にするストレスから解放されましょう!

なんで足が臭くなるの?

原因は雑菌です。

汗には臭いイメージがありますが、実は汗自体にはほとんど臭いはありません。汗とともに流れるバクテリアやコリネバクテリウム、表皮ブドウ球菌といった雑菌が古い角質の成分を分解して、臭いを発生させるます。

足の裏には、他の部位と比べて3~10倍もの汗腺が集まっています。この汗腺はエクリン腺といわれ、体温を調整する大切な役割を果たしています。1日にコップ1杯(約200cc)もの汗を放出するとも言われています。

こんなにたくさんの量の汗が、通気性の悪い靴の中でたまっていることを想像するとなんだか気持ち悪いですね。

どうしたら臭くなくなるの?

足のムレ対策をする

ムレ対策には5本指ソックスもおすすめのアイテムです。の指一本一本に布地がフィットする事で、足の指の間の蒸れを防ぎ、さらに指の付け根の部分を刺激するので、足もとをあたためます。

消臭機能がある靴下にする

生地にデオドラント効果のある靴下を選び、1日1~2回履き替えれば、においを大幅に減らすことができます。男性には、足のにおいを消す消臭クリームをこまめに塗ることもオススメします。

消臭機能付きの素材とは?
消臭機能付きの素材=デオセルは、消臭糸に吸汗速性機能糸をカバーリングした、高機能繊維。ムレを軽減し、足元をサラッと快適に保ちます。

靴に合わせて靴下をチョイスする

足の汗を吸収して、蒸れさせないようにすること。そして消臭機能がある素材の靴下にすること。しっかり汗を吸収して雑菌が繁殖しないようにします。また消臭機能がある素材を使用することでさらに臭わせません。パンプスなら靴から見えない靴下や、ブーツなどはタイツの下にハーフの5本指靴下などもおすすめです。

実際に靴下を使ってみた! 足の臭いに分かれを告げた体験者の声

35歳/男性/外資系サラリーマン
足の臭いには散々悩まされてきました。妻に勧められて、試しに5本指ソックスを履いたら効果テキメンでした!指を1本ずつ覆うため指の間の蒸れも防げますし、足の汗をすぐに吸収して菌の繁殖を防いでくれます。履いて試してみましたが、日本のメーカーのTABIO(タビオ)の5本指ソックスが効果も履き心地も1番でしたね


31歳/女性/メーカー研究職
TABIO(タビオ)の抗菌防臭靴下の効果は抜群です。かかと部分にコラーゲンを配合したウレタンジェルが付けられているので、かかとにしっかり密着し水分の蒸発を防いでくれます。吸水速乾に優れたポリエステルと消臭機能のあるデオセルという素材を使用していて、履き心地も最高なんです。もう手放せませんね。

パンプスなど浅い靴から見えずに、臭い対策。浅履き

靴下でオシャレしながら臭い対策

消臭靴下。ストッキングとタイツ

臭わせないコツ。汗と雑菌を制御する4つの方法

足をよく洗う

まず心がけたいのは、足を丁寧に洗うことです。殺菌効果の高い石鹸で指の間やかかと、くるぶしをしっかりと洗います。特にくるぶしの下は垢が溜まりやすい箇所です。念入りに洗うことを心がけましょう。足の手入れをしっかりと行い、古い角質を減らしておくことも大切です。古くなった角質は、力を入れずに手で軽くマッサージするように擦るだけで簡単に落ちてくれます。
足の臭い消しに一役買ってくれるミョウバンは、スーパーや薬局に行けば100円程度で購入できる便利なアイテムです。ミョウバンとは、カリウムなどの金属とアルミニウムなどの金属が結合された複合塩の総称で、水に溶けると酸性になります。酸性は殺菌性が高く、雑菌の繁殖を抑えることができるため、結果として足の臭いを撃退できまるのです。また、うがい薬のイソジンも同じように殺菌作用があり、臭いのもととなる足に付いた雑菌を殺してくれます。乾燥効果も高いので、汗のベタつきも防いでくれます。

蒸れ対策

まず心がけたいのは、足を丁寧に洗うことです。殺菌効果の高い石鹸で指の間やかかと、くるぶしをしっかりと洗います。特にくるぶしの下は垢が溜まりやすい箇所です。念入りに洗うことを心がけましょう。足の手入れをしっかりと行い、古い角質を減らしておくことも大切です。古くなった角質は、力を入れずに手で軽くマッサージするように擦るだけで簡単に落ちてくれます。足の臭い消しに一役買ってくれるミョウバンは、スーパーや薬局に行けば100円程度で購入できる便利なアイテムです。ミョウバンとは、カリウムなどの金属とアルミニウムなどの金属が結合された複合塩の総称で、水に溶けると酸性になります。酸性は殺菌性が高く、雑菌の繁殖を抑えることができるため、結果として足の臭いを撃退できまるのです。また、うがい薬のイソジンも同じように殺菌作用があり、臭いのもととなる足に付いた雑菌を殺してくれます。乾燥効果も高いので、汗のベタつきも防いでくれます。

重曹の消臭効果を利用する

使い方は簡単。重曹をティッシュペーパーなどに包み靴に入れておくだけ。
重曹は薬局や100円ショップでも取り扱いがあるのでぜひやってみてください。

靴下で対策する

長時間にわたり靴を履いていて、日頃から足の臭いが気になるという人であれば、抗菌防臭靴下がオススメです。素肌と同じ弱酸性なので、敏感肌の人でも安心して履くことができます。抗菌剤や消臭剤をコーティングしただけの靴下は洗濯するうちに、効果が薄れてしまいますが、繊維自体に効果のある物質が織り込まれている靴下はそんな心配もなく、特に消臭効果が高いとされています。

靴のケア

靴を脱いだ後は、消臭・殺菌スプレーをして、乾燥剤を入れます。乾燥剤は抗菌作用があるので、においの原因となる雑菌を寄せつけません。数日経過したら、乾燥剤を除き、シューズキーパーをはめます。シューズキーパーは、木製のタイプが理想です。靴の型くずれを防ぐと同時に、湿気やにおいを吸収して靴を清潔に保ってくれます。靴のメンテナンスは、少なくとも2日間は必要です。靴は1日履いたら2日間は休ませることが必要です。そのため、靴は3足ほど用意しておき、それらをローテーションして履くように心がけましょう。

まとめ

社会人は、男性も女性もほぼ1日中、靴を履きっぱなしです。梅雨の季節になると靴の中の湿度は70%以上にもなり、放っておけば周囲にも迷惑をかけてしまいかねません。男女共に、マナーとして足の臭い対策はしっかりと行いましょう。