"L176 9×2リブ ソックス"
〜TabioMENの銘品〜

TabioMENの銘品〜"L176 9×2リブ ソックス"〜

”6500(ロクゴーゼロゼロ)”あるいは”9×2(キューニー)”の愛称で社内にて親しまれる
「L176 9×2リブソックス」。
靴下のプロ集団である
Tabioの中でも『銘品』としてリスペクトされるこの靴下は、
この靴下が誕生したそのときから、スーツを見に纏う男たちから、
他のドレスソックスと比べても圧倒的かつ熱狂的な支持を受けている

今回はこの「L176 9×2 リブソックス」の魅力に迫ろう。

艶やかさと独特の滑り感

セーター等のニットにおいて「ゲージ」という概念が
あることは周知の通りである。
「ハイゲージは繊細でドレッシー」「ローゲージは
ザクッとしてカジュアル」といったイメージがある。
この「ゲージ」という概念は靴下においても同様であって、
「L176 9×2 リブソックス」は176Nで、
「ミドルゲージ」という域に位置づけられる。
つまり「ゲージ」という視点から見れば、
本来この靴下は「ドレッシーで品格のある佇まい」にはなりづらい、
ということだ。

ところが、である。
「L176 9×2リブソックス」は艶やかで品格のある見目をしている。
手にとってみれば、独特の滑り感があって、
直感的に「イイモノだ」と分かる。
この「艶やかさと独特の滑り感」は、
素材の選択によるところが大きい。
通常は「ハイゲージ」で使用する細番手の糸を本数立てることで、
このミドルゲージの靴下は編み立てられているのだ。

"靴下の神様"も認める極上の履き心地

この点については語ることが非常に難しい。
足を通した人にしか、この極上の履き心地は分からない。
料理のおいしさを存分に伝えることが難しいのと同じだ。
それでも、次の2つのエピソードが証左になろう。

モノづくりのキャリアの中で、この靴下を開発した担当者が、
Tabioの創業者であり"靴下の神様"とも世間で喧伝される弊社の越智直正会長から、
「ええもんできたな」とモノづくりのキャリアの中で唯一認められたのが、
この「L176 9×2リブソックス」であった。

もう一つ。
この靴下を編み立てている職人は"鬼才"である。
隙無く完璧な靴下を編み立てることもできれば、
ワザと瑕疵のある靴下を編み立てることもできる。
靴下の編み機を通して生み出される靴下を
コントロールできるのだ。
100点でも80点でも、結果として取れる人と
自由自在に取れる人ととでは、
どちらが優れているのか。

それは後者であろう。

実用性と美しさのバランス

「艶やかと独特の滑り感」があって「極上の履き心地」
である「L176 9×2 リブソックス」。
最後に実用的に支持されている点も述べておこう。

「ドレッシーで薄生地のハイゲージ ソックスを履くと、
雰囲気は良いが足が疲れるし
汗も十分に吸ってくれない」
「中肉厚のビジネスソックスを履けば
多少のクッション性は期待できるが、
スーツと革靴のドレス感に負けて、
靴下が浮いてしまう」

ビジネススーツにソックスを合わせる際のジレンマである。


「L176 9×2リブソックス」は「ハイゲージソックスのドレッシーさ」と「ミドルゲージソックスの肉感」をバランス良く持っているので、このジレンマに対する1つの解となる。

「見目の美しさ」という見栄と「実用的な快適性」という本音をバランス良く満たしてくれるのだ。

是非、あなたの足で体感して下さい。

ビジネスソックスの中でも圧倒的な人気を誇る
「9×2つやリブビジネスソックス」

メンズ 9×2つやリブビジネスソックス

1,000+税

商品詳細をみる

「足が、もっとも喜べる履き心地」を追求し生まれた
ロングホーズ

メンズ 9×2リブビジネスロングホーズソックス

1,400+税

商品詳細をみる