原因と対策を徹底調査

靴づれって痛いですよね。
でもお気に入りの靴で出かけたい。
なぜ靴づれになってしまうか、ご存知ですか?

このページでは、靴擦れができる意外な原因と、簡単に履くだけで防いでしまえる方法をご紹介していきます。

辛い辛い靴擦れも、このページを読んで実践していけば大丈夫!原因をきちんと知って、さらにあなた好みの対策をしていきましょう!

靴づれの原因はなに?TOP3

靴が足にフィットしていない可能性

「選ぶ靴は履き心地よりデザイン重視。」という方は、一度専門のシューフィッターに見てもらうと、足の形が靴に合っていない、左右でサイズが違う。なんて原因が見つかることがあります。

また、履いている靴が足にフィットしにくい硬い素材の場合、靴の内側と肌が摩擦を起こしやすくなります。

補足:合わない靴を履き続けると?
同じ場所に摩擦を繰り返すと皮膚が硬くなり、胼胝(たこ)や魚の目になって圧迫痛が出たり、外反母趾やハンマートウ、陥入爪など、足や爪の形そのものが変形したりしてしまうこともあります。そうなると治すのは一苦労です。
「足と靴と健康協議会」では、靴選びのチェックポイントあげています。
上の画像を参考にしてみてください。

正しい歩き方で歩く

【1】上半身を少し斜めに倒し、足を前に出したら膝を伸ばしきらない状態で、土踏まずより前の部分から着地します。その時正しい着地位置は体のほぼ真下。
【2】前傾したことにより前方に移動した重心を支えるために脚が自動的に前に出てくるという動きを利用して歩きます。

もし歩き方で改善されなければ、骨盤そのものがひどく歪んでいることも考えられますから、 横座りを避けたり、骨盤体操や整体を試したりしても良いかもしれません。

クッションが薄い

靴のサイズも悪くない、歩き方も大丈夫、でも靴擦れを起こす方。もしかしたらクッションが薄くないですか?
そんな時は、インソールを変えてみる・厚みのある靴下を履いてみるなどオススメです。

靴下で簡単に防げる!メリット3

1.ムレ、臭い対策にもいい

足に汗をかいてしまって、靴の中で足が滑ってしまうことがあります。その汗は臭いの原因になるので、ムレ対策に良いという事は、臭い対策にも良いのです。

靴擦れを放置していると雑菌が入って化膿してしまうなんてことも…。
痛みに気付いたら我慢せず、応急処置をしましょう。

絆創膏を貼る

まず靴の内側のあたる部分に貼る、それでもだめなら自分の足にはると良いでしょう。保護して、とにかく皮が破れないようにすることが大事です。
水ぶくれの中の滲出液には、皮膚を作る成分が入っており、破けないままキープできれば痛みも少なく、治るのも早くなります。

ワセリン・ロウ・石鹸・ベビーパウダーを塗る

ドラッグストアに行き、ワセリンなどを買いましょう。足や靴の内側の肌が当たる部分に塗っておくと、滑りがよくなって靴擦れが減らせる場合があります。
特にバックストラップで靴擦れができる場合などには、ぜひ試してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか? 「おしゃれは我慢」と言いますが、お気に入りの靴を履くたびに靴擦れなんて、つらいですよね。 足の形にあった靴を選ぶのはもちろんですが、靴擦れを起こしていた靴だって、アイテム次第では快適なおしゃれの相棒になるかもしれません。