いつものスラックスと靴でも足もとを新鮮に見せるには?

通称「リンクス」のおススメ

ビジネスシーンにおいて、足元のスタイルは短調になりがちだ。手持ちのシューズやスーツは限られている。「誠実さ」や「品の良さ」を演出したいのだから派手な柄・色ものの靴下を合わせる訳にはいかない。と、なれば保守的なドット柄やストライプ柄、あるいは平編みの無地やリブ編みの無地に落ち着いてしまい、結局、いつもと同じで新鮮さが無くなってしまう。

そんなマンネリ感を打破して、「派手になり過ぎず、でも新鮮さを演出してくれる」通称「リンクス」と呼ばれている靴下をご紹介します。

意外と無かった、ちょうど良い”市松柄”

スーツに合わせる「リンクス」の靴下では1番の人気を誇る”市松柄”。光沢のある表面、絶妙なサイズの編み柄、すっきりとした肉感ゆえに、ついつい手にとってしまうのも分かります。

メンズ 市松柄ソックス

1,000+税

スッと馴染みやすい”チェック”

今シーズンからレギュラーラインナップに入った新作。いわゆる”チェック”の靴下が若々しい印象になりがちなのに対し「リンクス」のチェックは落ち着いた印象に。

チェックリンクスレギュラー丈ソックス

1,000+税

ソックスの定番柄"ダイヤ"

ソックスの歴史において、長く定番であり続ける"ダイヤ"。程よい生地厚ゆえにデイリーユースで頼りになる上に、休日の大人なカジュアルスタイルにも使える汎用性も魅力。

ダイヤ柄ビジネスソックス

900+税